ナカヤマ バイクラジオ

元バイク店勤務の先輩後輩による、娯楽バイク雑談

第三回 GT61参加申し込みフォーム


第三回 GT61参加申し込みフォームです。
参加をご希望いただける方は以下をお読みいただき、フォームに入力してご送信ください。
内容を受付いたしましたら、このブログ右にある「GT61暫定エントリーリスト」にレーサーネームを記載させていただきます。


<開催概要>
GT61は、AF61型のホンダ・トゥデイ6台を使った、競艇風ダートトラックレースです。
基本的な競技ルールはこちらをご確認ください。

 

<開催日時> 2017年11月2日(木曜) 09:30~17:00

 

<場所>   プラザ坂下 (大阪河内長野) Aコース貸し切り
<Aコースまでの案内図>

 

<参加費>  4,000円(トゥデイ使用料、プラザ阪下の入場・駐車場代含む)
Aコースに設置の受付テントにて、当日徴収いたします。
昼食は各自ご用意ください。(プラザ阪下内には食べ物の提供施設はありません。)

 

<レース参加定員> 18名
10月20日(金曜)中を一次締め切りとし、参加希望者が18名を超える場合は抽選を行います。
一次締め切り時点で参加希望者が18名に達していない場合は、10月29日(日曜)まで参加募集を延長し、先着順に参加確定となります。

 

<ケガ、負傷、車両の破損等について>
ご自身のケガ、負傷、所持品や装備品の破損や紛失などについては、各自自己責任において対応してください。
ナカヤマバイクラジオは一切関知いたしません。
走行時のアクシデントによるトゥデイの破損等に関しまして、主催者から修理費・部品代の請求はいたしません。

 

<ハンデキャップについて>
参加レーサー全員が勝ち負けを競えるよう、一定のハンデを設ける場合があります。
・A1級レーサー:メットインボックスに10kgの土嚢を積む、重量ハンデあり。
・B2級レーサー:予選各レースの得点に+1点加算。ただしフライングは0点のまま。

初参加でも、オフ競技経験者で他の参加者さんのレベルを大きく上回る場合、何らかのハンデを課する場合があります。
勝ち負けよりも楽しみを重視した大人のごっこ遊びですので、大変申し訳ございませんが、ご了承お願い致します。

 

<GT61参加条件>
・勝ち負けに固執せず、あくまでも大人のごっこ遊びとして安全にレースを楽しむ余裕がある方
・過去に何らかの二輪免許を保有し、運転の経験がある方。
・スクリーン(ゴーグル)のあるヘルメット(ハーフタイプ不可)を用意できる方。

・グローブ、くるぶしの隠れるシューズを用意できる方。

・走行シーンを撮影した動画の公開に同意いただける方。
「緊急連絡先&参加誓約書」を記入し、当日に提出いただける方。
(用紙を印刷し、記入・捺印してください。用紙はこちら
・安全装備、安全運転を心がけ、自分と他者の安全を第一に行動いただける方。
・ご自身のケガ、負傷、所持品や装備品の破損や紛失などについて、各自自己責任において対応いただける方。
・運営スタッフの判断、指示に従っていただける方。

上記参加条件にご了承いただける方のみ、以下のフォームから必要事項を記載し、参加申し込みをお願いします。




第249回 原付試験、レオスヘルメット、ZXRとZRX


<<ご注意>>
独断と偏見に基づいて会話しておりますので、正統派ライダーの方は気分を害する恐れがあります。
※今回ちょっと下品な話が多いです


<RN:エムワイズさんからのお便り>
ふつおた!横から店?突き抜け店?

当選!ホンダのレオスヘルメットにSUZUKIって貼ってたナカタ(17)!
セレブとはげむエムワイズさん!おさんぽヤマチャン!クリと勘違いしたナカタ!
同じメーカー!同じ排気量!同じ色!水冷四気筒一文字違い!

 

ラジオは下の再生ボックスよりお聴きいただけます。
また、右下の「Download」をクリックして、mp3ファイルとしてダウンロード可能です。

第三回GT61開催告知 その3


<第三回GT61開催告知 その3>
赤文字
表記が、前回告知の内容に、新たに追加された点になります。

GT61って何?という方はこちらをぜひ。
動画で観ていただくのが、どんなレースか一番わかりやすいかと思います。

第一回GT61の模様はこちら
第二回GT61の模様はこちら


今回の告知内容

開催会場のプラザ阪下さんで、大時計とウェイトハンデのテストをしてきました。

<大時計>
前回大会でも問題点であったモニター表示時計から、実際に針が動き、ホーンが鳴る時計になりました。
針の動きもホーンの音も、スタート助走位置からしっかり確認できた(フルフェイス装備状態)ので、前回大会までの時計が見えにくいという点は大きく改善されました。

<ウェイトハンデ>
前回までの成績上位者(A1級)ハンデとして、10kgの重量をメットインボックス内に入れることとなりました。
A2級、B1級はハンデ無し、B2級は前回同様に各レースごとに得点に+1ポイントされます。

 

<物販>
半袖Tシャツ(赤) Sから2XLまで。シンプルなデザインになる予定です。1500円の予定です。
パーカー(えんじ) SからXLまで。シンプルなデザインになる予定です。2500円の予定です。
GT61ステッカー   デザイン変更なし。500円
ナカヤマバイクラジオステッカー デザイン変更なし。500円。

 

<参加人数と予選走行回数について>
10/11現在で参加予定者7名ですので、少ない人数での開催となることも充分考えられます。
参加の一次締め切り日10/20を過ぎた時点で、予選の組分け人数や出走回数を検討します。
場合によっては予選レースを2回行う2ヒート制も検討しています。
この点は出来る限りレースを楽しんでいただけるよう考慮いたしますので、ご了承をお願い致します。

引き続き、レーサーさん募集しております!
今回は参加人数少なめですので、仲間数名での参加などお気兼ねなくどうぞ。

参加申し込みはこちらのページのフォームより受付中です。

 

<何者かによるプラザ阪下スケジュール変更があった点について>
意図はわかりかねますが、ナカヤマバイクラジオ関係者以外のどなたかによって、プラザ阪下スケジュールが変更されていたことが確認されました。
プラザ阪下担当者さんとも相談し、現在はスケジュールを修正しております。
今後ナカヤマバイクラジオからの告知にない変更などがありましたら、ツイッターやお便り投稿フォームからお問い合わせください。

 

 


第三回GT61

  • 開催概要
    ブロックタイヤ装着のAF61型のホンダ・トゥデイ6台を使った、競艇風ダートトラックレースです。
    最大18名の参加レーサーを3組に分け、6回の予選レースと1回の順位決定レースを行い、総合順位を決定します。
    (参加人数が18名以下の場合は、予選の組分けや人数を調整します。)
  • 開催日
    2017年11月2日(木曜) 雨天決行(台風等の場合は事前に中止・延期の告知をいたします。)
  • 場所
    プラザ坂下Aコース 貸切(大阪河内長野市)
  • 参加費
    レース参加費は4,000円。(レース車両使用料含む。装備品の無料レンタルもあり。参加記念品として、ロゴ入りポーチと参加缶バッジ)
    レース観戦は無料(午前中のフリー走行参加可能。装備品の無料レンタルもあり。記念品として来場缶バッジ)
  • 定員
    レース参加は18名。レース参加の申し込みが、定員の18名を超える場合は抽選。
    レース観戦・試乗は定員無し。レース参加の募集については、こちらの参加申し込みフォームからお願いします。
  • 物販について
    毎回恒例ですが、第三回GT61開催記念Tシャツ(赤:1500円)、パーカー(えんじ:2500円)を会場にて販売予定です。
    デザイン等決定しましたら告知します。
  • エキシビジョンレースについて
    レース終了後に時間的な余裕があれば、エキシビジョンレースを行います。
    4名以上のメンバーが揃うのであれば、レース参加者、見学者問わず、希望するエキシビジョンレースの開催を申請可能です。
    申請は通常のおたより投稿フォームから、希望参加人数と関係性、連絡用メールアドレスをお知らせください。<申請例1>エキシビジョンレース「○△○カップ」希望。5名、全員ツーリングチーム「○△○」の仲間です。
    <申請例2>エキシビジョンレース「ヘビー級カップ」希望。4名、体重85kg以上のA氏、B氏、C氏、D氏。85kg超なら飛び入りOK!なお、エキシビジョンレースの申請や参加は無料ですが、あくまでもGT61本戦終了後に時間が余った場合の催しですので、開催されない可能性があることはご了承ください。

推奨する装備品について

  • ヘルメット
    スクリーンやシールド、ゴーグルの取り付けが可能な、ジェット、フルフェイス、オフロード、システムヘルメットでお願いします。
    転倒時に外れる可能性の高いお椀型(ハーフタイプ型)は不可。
    スクリーン、シールド、ゴーグルは砂ぼこりからの視界確保のため必須。スモークやミラーよりもクリアが望ましい。
    砂ぼこりにまみれるので、その点ご注意ください。
    レンタル品のフルフェイスLサイズ(ミラーシールド)、フルフェイスMサイズ(クリアシールド)あります。
  • プロテクター
    胸・背中・肩・ヒジ、ヒザ、すねにプロテクションが付いたバイク用ウェアなど。
    砂ぼこりで汚れるので、使い古しのプロテクション付きバイクウェアなどがあれば、ちょうどいいかもしれません。
    レンタル品のプロテクタージャケット(胸・背中・肩・ヒジに硬質プロテクタ付き)、ヒザ・スネ、ヒジプロテクター各サイズご使用いただけます。
  • グローブ、ブーツ
    転倒時に手をつく事が多いので、指先や肌の露出がないグローブを。バイク用であれば問題ありません。
    ブーツやシューズはくるぶしが隠れるもの。こちらもバイク用であれば問題ありません。
    レンタル品のレーシンググローブ(M-Lサイズ)、オフロードブーツ(26.5-27.0cm)あり。

ご参加お待ちしております!

第2回GT61 予選2組 第6レース


2017年5月27日に開催された、最大6台のAF61型ホンダ・トゥデイで行う
競艇風ダートトラックスクーターレース、第2回GT61の様子です。

予選2組では6人で6回の予選レースを行い、1レース毎に順位に応じた得点を獲得。
1着:6点、 2着:5点、 3着:4点、 4着:3点、5着:2点、 6着:1点、 フライング&未完走:0点
※ハンデとして、A1級は得点からマイナス1点、B2級は得点にプラス1点される。

スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。


<予選2組 第6レース>

枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは黒2号艇ムネガワさん。
優勝戦進出は厳しい状況だが、3着→2着と来ているので、好枠から初1着を取って、スポンサーの旅バイクさんに応えたい。

 

14ポイントで3番手につける赤3号艇K介さんは、前走で運営のスタート判定ミスにより、ラッキーな初1着。
一方で運営のスタート判定ミスに泣いた、16ポイントの青4号艇NARUさん。どちらも文句なしの1着で予選首位通過を狙いたい。

2着1回・3着2回と好成績も、2回のフライングが響いている黄5号艇のやさぐれピエロ。さんは13ポイント。
2レースでの1着以外は4・5・6着と、やや低空飛行が続く緑6号艇RINさんは12ポイント。逆転首位は厳しいが・・・

15ポイントで暫定2番手につけている、白1号艇たど☆あいさん。
不利な大外からのスタートとなるが、ポイント差は僅差。可能性は充分なだけに、ここは1つでも上位着順を狙いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

・1着 赤3号艇K介 (決まり手:2コースまくり) 

2コースからスピードに乗って抜群のスタートを切った、赤3号艇K介さんがそのままトップを守り、堂々文句なしの1着。

スタート遅れるも、得意のスピードターンで順位を上げた、青4号艇NARUさんが強さを見せて2着。
トップスタートから2番手争いをしていた白1号艇たど☆あいさんだったが、3周目に青4号艇NARUさんのターンミスのあおりを食らってしまい、不運な4着。
逆に青4号艇NARUさんのターンミスで展開の開けた、黒2号艇ムネガワさんが最終周回で逆転3着。
スタートで遅れた黄5号艇のやさぐれピエロ。さんは、猛追を見せるも僅かに届かず5着。
同じくスタートで遅れた緑6号艇RINさんは、残念ながら見せ場なく6着に終わった。

 

予選2組結果
1位:青4号艇 NARUさん     21ポイント
2位:赤3号艇 K介さん       20ポイント
3位:白1号艇 たど☆あいさん     19ポイント
4位:黄5号艇 やさぐれピエロ。さん 15ポイント(同率・同ポイント)
4位:黒2号艇 munehawaさん    15ポイント(同率・同ポイント)
6位:赤3号艇 RINさん         13ポイント

予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。

第248回 ヘリテイジって言いたいだけ!久々フリートーク回


<<ご注意>>
独断と偏見に基づいて会話しておりますので、正統派ライダーの方は気分を害する恐れがあります。


<夏のバイクトピックス>

  • ホンダ単気筒の伝統か!?新たなカム山摩耗エンジンとの出会い!
  • ドキッ!ついにナカタにサーキットで出会いが!

 

<レーシングウェア>

  • 裂ける!染まる!ほつれる!ナカタの周囲でベリックの不具合が多発!
  • ジニアスはまるでレーシングスーツ界ののタックロールシートや~!

 

<motoGP>

  • ロッシ半端ないって!骨折してそんなん出来ひんやん普通!
  • タイトル争い混戦!本命マルケス、対抗ヴィニャーレス&ドヴィチオーゾ、大穴ロッシ&ペドロサ!

 

<2018年の新型車展望>

  • その名は重すぎやしないか!?Z900RSにCBR250R(MC41)がダブって見えるナカタ!
  • キック?セル?アレを搭載すれば問題は全て解決!SR400Z!グローバル化で500も復活か!?
  • Vストローム250をフルカバード化!みんな買わないけどみんな喜ぶアイツにまた会える!
  • CB250FとVTR250とレブル250を三身合体!ワレハ 水冷クラブマン コンゴトモヨロシク・・・


ラジオは下の再生ボックスよりお聴きいただけます。
また、右下の「Download」をクリックして、mp3ファイルとしてダウンロード可能です。

第三回 GT61開催告知 その2


<第三回GT61開催告知 その2>
赤文字
表記が、前回告知の内容に、新たに追加された点になります。

 

GT61って何?という方はこちらをぜひ。
動画で観ていただくのが、どんなレースか一番わかりやすいかと思います。

第一回GT61の模様はこちら
第二回GT61の模様はこちら


第三回GT61

 

  • 開催概要
    ブロックタイヤ装着のAF61型のホンダ・トゥデイ6台を使った、競艇風ダートトラックレースです。
    最大18名の参加レーサーを3組に分け、6回の予選レースと1回の順位決定レースを行い、総合順位を決定します。
    (参加人数が18名以下の場合は、予選の組分けや人数を調整します。)
  • 開催日
    2017年11月2日(木曜) 雨天決行(台風等の場合は事前に中止・延期の告知をいたします。)
  • 場所
    プラザ坂下Aコース 貸切(大阪河内長野市)
  • 参加費
    レース参加費は4,000円。(レース車両使用料含む。装備品の無料レンタルもあり。参加記念品として、ロゴ入りポーチと参加缶バッジ
    レース観戦は無料(午前中のフリー走行参加可能。装備品の無料レンタルもあり。記念品として来場缶バッジ
  • 定員
    レース参加は18名。レース参加の申し込みが、定員の18名を超える場合は抽選。
    レース観戦・試乗は定員無し。レース参加の募集については、こちらの参加申し込みフォームからお願いします。
  • 物販について
    毎回恒例ですが、第三回GT61開催記念Tシャツ(赤)を会場にて販売予定です。
    デザイン等決定しましたら告知します。1500円~1800円くらいの予定です。
  • エキシビジョンレースについて
    レース終了後に時間的な余裕があれば、エキシビジョンレースを行います。
    4名以上のメンバーが揃うのであれば、レース参加者、見学者問わず、希望するエキシビジョンレースの開催を申請可能です。
    申請は通常のおたより投稿フォームから、希望参加人数と関係性、連絡用メールアドレスをお知らせください。<申請例1>エキシビジョンレース「○△○カップ」希望。5名、全員ツーリングチーム「○△○」の仲間です。
    <申請例2>エキシビジョンレース「ヘビー級カップ」希望。4名、体重85kg以上のA氏、B氏、C氏、D氏。85kg超なら飛び入りOK!

    なお、エキシビジョンレースの申請や参加は無料ですが、あくまでもGT61本戦終了後に時間が余った場合の催しですので、開催されない可能性があることはご了承ください。

 

推奨する装備品について

  • ヘルメット
    スクリーンやシールド、ゴーグルの取り付けが可能な、ジェット、フルフェイス、オフロード、システムヘルメットでお願いします。
    転倒時に外れる可能性の高いお椀型(ハーフタイプ型)は不可。
    スクリーン、シールド、ゴーグルは砂ぼこりからの視界確保のため必須。スモークやミラーよりもクリアが望ましい。
    砂ぼこりにまみれるので、その点ご注意ください。
    レンタル品のフルフェイスLサイズ(ミラーシールド)、フルフェイスMサイズ(クリアシールド)あります。
  • プロテクター
    胸・背中・肩・ヒジ、ヒザ、すねにプロテクションが付いたバイク用ウェアなど。
    砂ぼこりで汚れるので、使い古しのプロテクション付きバイクウェアなどがあれば、ちょうどいいかもしれません。
    レンタル品のプロテクタージャケット(胸・背中・肩・ヒジに硬質プロテクタ付き)、ヒザ・スネ、ヒジプロテクター各サイズご使用いただけます。
  • グローブ、ブーツ
    転倒時に手をつく事が多いので、指先や肌の露出がないグローブを。バイク用であれば問題ありません。
    ブーツやシューズはくるぶしが隠れるもの。こちらもバイク用であれば問題ありません。
    レンタル品のレーシンググローブ(M-Lサイズ)、オフロードブーツ(26.5-27.0cm)あり。


ご参加お待ちしております!

第2回GT61 予選2組 第5レース


2017年5月27日に開催された、最大6台のAF61型ホンダ・トゥデイで行う
競艇風ダートトラックスクーターレース、第2回GT61の様子です。

予選2組では6人で6回の予選レースを行い、1レース毎に順位に応じた得点を獲得。
1着:6点、 2着:5点、 3着:4点、 4着:3点、5着:2点、 6着:1点、 フライング&未完走:0点
※ハンデとして、A1級は得点からマイナス1点、B2級は得点にプラス1点される。

スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。


<予選2組 第5レース>

枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは赤3号艇K介さん。
好枠を活かして、中位グループから抜け出せるか。

青4号艇NARUさんは最内ではないものの、好枠2コースから。代替レースを含めると2連勝中なので勢いは充分。
前走2着の黄5号艇のやさぐれピエロ。さんは3コース。こちらも勢いに乗って好成績をあげたいところ。
緑6号艇RINさんはアウト寄りの4コース。こちらも中位グループからの脱却を狙う。
暫定順位で2番手に下がってしまった、白1号艇たど☆あいさん、前走3着と調子は上向きの黒2号艇ムネガワさんは
ともに加速でスタート勝負するレーサーではないだけに、アウトコースからのマクリ展開は厳しいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・1着 赤3号艇K介 (決まり手:逃げ) 

スピードに乗って抜群のスタートを切った青4号艇NARUさんだが、車速が速すぎて運営が見誤ったか、フライングの誤判定。
2番手スタートだった赤3号艇K介さんが、インを確実に抑えたターンで黄5号艇のやさぐれピエロ。さんを抑え、念願の初1着となった。

黄5号艇やさぐれピエロ。さんがターンのタイミングを逃したスキを突いた、黒2号艇ムネガワさんが6コースから価値ある2着。
逆に黄5号艇やさぐれピエロ。さんは悔しい3着。1周1マークの進入が勝負の綾となった。

スタートで遅れた緑6号艇RINさん、白1号艇たど☆あいさんは順位を上げることができず、そのまま4着、5着となった。

本来なら1着だった青4号艇NARUさんが、スタートの誤判定でフライングとなってしまいました。
NARUさんをはじめ、出走レーサーの皆様、大変申し訳ございません。

 

第247回 カワサキ教習車、ドカティスタ乗り換え事情、リセールバリュー


<<ご注意>>
独断と偏見に基づいて会話しておりますので、正統派ライダーの方は気分を害する恐れがあります。


<RN:やさぐれピエロ。さんからのお便り>
ふつおた!ドカティスタの乗り換え事情!

まだ早い!当時物バトルステップ!プロ(?)も唸るヤマチャンのゴッドハンド仕上げ!
雑誌映え!高騰するカワサキの空冷4発!中古ハーレーは今が買い時?
ウェット&メッシー癖な俺たち!前振り充分!期待のピエロ。さんの次期マシン!

 


ラジオは下の再生ボックスよりお聴きいただけます。
また、右下の「Download」をクリックして、mp3ファイルとしてダウンロード可能です。

10分でわかる!バイク系ポッドキャスト


<バイク系ポッドキャストとは>

明確な基準があるわけではないですが、主にバイクをネタにトークを展開しているポッドキャスト番組(ネットラジオ番組)を、こう呼んでいます。

ポッドキャスト番組は、大抵は番組ブログやホームページに再生ボタンがあって、そこで音源を聴くことができます。
iPhoneやiPadなら標準のポッドキャストアプリで、アンドロイドでも同様のポッドキャストアプリを使って番組を購読()することで、番組が更新されるたびに自動的に音源をダウンロードして、好きなときに好きな場所で聴くことができます。
※購読という言葉が使われていますが、今のところバイク系のポッドキャストは、すべて無料で配信されています。

テレビやラジオなどのメディアでバイクの話が聞けることは少ないですが、ポッドキャストでは盛んにバイクの話が配信されています。
ほぼ個人レベルでの配信なので、音質であったり、更新頻度であったり、内容であったりが不十分だったりもしますが、気になる番組があれば、ひとまずは友達のバイク話を聴くような感じで、聴いてみるのがおすすめです。
面白ければ続けて聴いてみたり、お便りを送ってみたり、自分でも番組を始めてみたりと楽しんでください。そういう人結構いますので(笑)
つまんない場合は他の番組を聴くか(バイク系以外にも番組はいっぱいあります)、より面白い番組を自分でも始めてみたりと楽しんでください。

ナカヤマバイクラジオ ナカタ


<バイク系ポッドキャストの歴史>

簡単にですが、現在も更新のある番組をまとめるとこんな感じです。

2009年頃に「旅バイク」が始まると、ツーリングライダーを中心に人気が広がる。
ナカタ独自の考察:数年間にわたり単独でバイクのポッドキャストの礎を築いた、旅バイクがバイク系ポッドキャスト第一世代。

 

2013年に「楽園会」、「ナカヤマバイクラジオ」、「ブーバイクポッドキャスト(現 ブーバイク)」と、何故か関西で番組が乱立。
ナカタ独自の考察:翌年に始まる京葉ガレージを含め、バイク系ポッドキャスト第二世代。この世代はバラエティ色が強い傾向。

 

2014年には「京葉ガレージレーシングチーム(現 京葉ガレージ)」がスタート。
またこの年に旅バイク・楽園会・ナカヤマバイクラジオの合同トークイベント「結成!全バポ連(※)」が、大阪のなんば紅鶴にて開催。
ナカタ独自の考察:この頃から各番組共通のリスナーさんが増え始め、「バイク系ポッドキャスト」というくくりが認知され始めた。
全バポ連日本イクッドキャスト合。

 

2015年は「ライドオンラジオ」、「女子バイク」、「Vトークラジオ」、「バイクの輪」、「Talking Bike.Man(トーキングバイクマン)」の5番組がスタート。
また、東京カルチャーカルチャーにて、第2回全バポ連トークイベント「集結!全バポ連」が開催。
合同でなく、各地で各番組単独でのイベントも開催されるようになる。
ナカタ独自の考察:翌年に始まるグッドスピード、フリースタイルを含め、バイク系ポッドキャスト第三世代。元リスナーや、20代の若い世代が番組を開始する流れができた。

 

2016年には「goodspeed(グッドスピード)」、「FreeStyle(フリースタイル)」がスタート。
全バポ連に「女子バイク」と「バイクの輪」が加わり、合同トークイベント「新生!全バポ連」が、大阪のなんば紅鶴にて開催。
この頃からポッドキャスターやリスナーによる、ツイキャス生放送番組も始まりだした。
年末には旅バイクの発案で、バイク系ポッドキャスト「Web忘年会」として、2輪ジャーナリストの小林ゆきさんを交え、各番組のシャッフルトークがツイキャス生放送された。
ナカタ独自の考察:各番組単独のイベントや、ツイキャス生放送の増加で、配信者とリスナーの距離が縮まり、直接的な交流が盛んに。

 

2017年は「NRCナビ」、ツイキャスから派生した「@水月(あっとみづき) BarTime」がスタート。
全バポ連は、バイク系ポッドキャストというくくりを定着させるなど、一定の成果を収めたということで、活動を休止。
ナカタ独自の考察:直接的な交流が盛んになった反面、新規リスナーが入りにくい「内輪感」ができつつあるかも・・・?

 

とまあこんな感じです。
14番組もあって(笑)聴くのもなかなか大変ですが、ハーレー系、レース系、オフロード系、スクーター系はまだないので、どなたか是非!

 

 


<番組紹介 2017/10/8更新>
簡単にですが、各番組と中の人の基本情報を、番組開設時期の早い順に紹介します。
基本情報を知っておけば、初めて聴く場合でも多少は聴き入りやすいかと思います。

あと、基本的に配信者はお便りに飢えてますので、何かありましたら是非ともお気軽に投稿を。
中の人は非常に喜ぶと思います(笑)


旅バイク(たびばいく)

内容の傾向:ツーリング、キャンプ、タオル、北海道、実用寄りなバイク情報ほか。
中の人:rat(らっと) (CRF1000Lアフリカツイン、セロー250)
車歴:GSX400S刀→RZ250R→SV400S→DR-Z400S→アプリリアRSV1000mille R→ハスクバーナSM610→アプリリアSL750 SHIVER

2009年開設。バイク系ポッドキャストの老舗で、トークイベントやキャンプイベントなんかも定期的に開催。
年4~8回ペースで更新。拠点は関東。中の人は、女子バイクではアシスタントとして登場。
不定期でツイキャス配信も。番組ステッカーや、温泉タオル等の物販サイトあり。音質が非常に良好。

お便りはサイト右側にあるメールフォーム、またはメールから

 


楽園会(らくえんかい)

内容の傾向:ハンドルカバー&シート高論争、車検証入れ、ライダーズイン、ウラル、タイ、PC、飛行機ほか
中の人:イク(W650)、K(BMW・R60/5、ベスパ・P125、タウンメイト80)
イク車歴:
K車歴:

2013年開設。毎週日曜日の正午に定期更新。拠点は関西。中の人は、元々同じバイクショップの客同士。
販売サイトはないが、サイトからメール連絡で、ステッカーや車検証入れを購入可能。

お便りはサイト上側にあるリンク先のメールフォームページから

 


ナカヤマバイクラジオ

内容の傾向:バイクいじり、バイク屋話、Tシャツ、レース、溶接、嘘・大袈裟・紛らわしい話、エロバカ話ほか。
中の人:ナカタ(AF61型Today 7台)、ヤマチャン(SR400、バンバン90)
ナカタ車歴:JAZZ→TDR80→Goose250→RD125
ヤマチャン車歴:FTR223→ブロンコ

2013年開設。だいたい週1回ペースで更新。拠点は関西。中の人は、元々同じバイク屋の先輩と後輩。
バイク屋だったのに、ふたりとも現役で中免小僧。グッズはイベント時に直接販売。通販は無し。

お便りはサイト右上にあるリンク先の投稿フォームページから

 


ブーバイク

内容の傾向:ツーリング、キャンプ、特撮、オートスナック、昭和カルチャーほか
中の人:さぼてん(W800、PCX125)
車歴:XV1900レイダー

2013年開設。だいたい隔週で更新。中の人は、岡山の自称ぼっちライダー。
グッズ通販は無し。

お便りはサイト右側にあるフォームから

 


京葉ガレージ(けいようがれーじ)

内容の傾向:サービスエリア飯、クルマ話、S13シルビアほか
中の人:パイセン(SR400、Ninja250)、しんぺー(グラストラッカービッグボーイ)
パイセン車歴:エリミネーター250SE→NSR250(88)→バリオス&TZR250後方排気→CBR250RR→SRX400→シルクロード→SR400&RZ250→GB250クラブマン→セロー225→SR400(3台)&ディバージョン→ジェベル200→SR400(2台)&・RZ250R
しんぺー車歴:レージュタクト(前後ノーサス)→ゴリラ→モンキーR→CRM50→KDX200→XR250R→アドレスV100
しんぺー競技車両歴:NSR50(SP12)→MBX50(S50)→88’CR80&90’RS125(S80)→89’RS125R(GP125)→92’RS125R(GP125)

2014年開設。だいたい週1回ペースで更新。拠点は関東。中の人はどちらも車関係の仕事に従事。
パイセンは乃木坂好き。グッズ通販は無し。

お便りはサイト記事に記載のTwitter、facebook、またはメールから

 


ライドオンラジオ

内容の傾向:ツーリング、メンタル、RIDE、曲、同人活動ほか
中の人:ナカムラ(ジェベル250XC)、カワサキ(ZZ-R1100)
ナカムラ車歴:
カワサキ車歴:V-MAX

2015年開設。だいたい隔月ペース?で不定期更新。拠点は関西。中の人は同人サークル?のメンバー同士?
メンバーが増えた「SAオブラジオ」が、スピンオフ的に配信される時がある。グッズ通販は無し。

お便りフォーム、メールアドレスの設置はなし。サイトのコメント欄から・・・?

 


女子バイク(じょしばいく)

内容の傾向:ツーリング、キャンプ、高知、お遍路、女子目線のバイク情報ほか
中の人:ようこ(ゼファーχ)、rat(CRF1000Lアフリカツイン、セロー250)
ようこ車歴:JOG
rat車歴:GSX400S刀→RZ250R→SV400S→DR-Z400S→アプリリアRSV1000mille R→ハスクバーナSM610→アプリリアSL750 SHIVER

2015年開設。だいたい月1~2回ペースで更新。拠点は関東。中の人は「旅バイク」を通じて知り合った夫婦だが設定上は同居人。
トークライブを定期的に開催。旅バイクと共通の、番組ステッカーや、温泉タオル等の物販サイトあり。

お便りはサイト右側にあるフォームから

 


Vトークラジオ(ぶいとーくらじお)

内容の傾向:関東中心ツーリング、関東中心バイクイベント、鉄道、スポーツほか
中の人:クロガク(Vストローム650)
車歴:マジェスティ125→FORZA Z→ER-6f

2015年開設。だいたい月3回ペースで更新。拠点は関東。中の人は関東中心の基本日帰りツアラー。
グッズ通販は無し。

お便りはサイト記事に記載のメールフォーム、またはメールから

 


バイクの輪(ばいくのわ)

内容の傾向:関西中心ツーリング、ツーリングスポット紹介、旅先グルメほか
中の人:タククロ(CRF250L)
車歴:レッツ2→NS1→モンキー→RG250γ→VTZ250z→ベンリィ50s→ST250

2015年開設。だいたい月2回ペースで更新。拠点は関西。中の人は未舗装路NGの基本日帰りツアラー。
不定期でツイキャス配信も。グッズ通販は無し。

お便りはサイト記事に記載のメールフォーム、またはツイッターのDMから

 


Talking Bike.Man(トーキングバイクマン) 

内容の傾向:ツーリング、キャンプ、オフロードレース参戦、買い替えほか
中の人:てつや(XSR900、WR250R)、りょうすけ(Vストローム650、WR250)
てつや車歴:R&P→GAG→COBRA→カブ→SV1000S→DR125SM→WR250R→BOLT Cスペック
りょうすけ車歴:ZX-6R

2015年開設。だいたい隔月ペースで不定期更新。拠点は関東。中の人は専門学校で知り合った友人同士?
グッズ通販は無し。

お便りはサイトに記載のメールから

 


goodspeed(グッドスピード) 

内容の傾向:伊豆スカ安全活動、バイクレビュー、バイク恋愛術、失敗談ほか
中の人:skyjin(ビューエル・ファイヤーボルト、ゴールドウイングF6C)、RUI(BMW・RnineT、ベンリィ90)
skyjin車歴:TZR50
RUI車歴:NSR250R-SP ほか多数

2016年開設。だいたい月に1~2回ペースで更新。拠点は関西(skyjin)と関東(RUI)。
中の人はバイク系のネットラジオリスナー同士。グッズ通販は無し。

お便りはサイト記事に記載のTwitter、またはメールから

 


FreeStyle(フリースタイル) 

内容の傾向:ツーリング、雨、月例お題ツーリング、企業インタビューほか
中の人:ポパ兄(WR250R)、剣矢(けんや)(Vストローム650)、よっこ(MC41後期型CBR250R、CBR1000RR-SP)
ポパ兄車歴:RZ250R→ハスラー50→FZ400R→GPz400F→SRX400→VT250Fリミテッド→XJ400ZS→CRM250R→FTR→スカイウェイブ250タイプS→GSX750R→CB1300→CBR1000RR→CB1300スーパーボルドール→ハーレー フォーティーエイト→ハーレー ダイナ ストリートボブ
剣矢車歴:
よっこ車歴:

2016年開設。だいたい月1~2回ペースで更新。拠点は関西。中の人はバイク系のネットラジオリスナー同士。
2017年9月より、モトブロガーのよっこが加入。グッズ通販は無し。

お便りはサイト上側にあるリンク先のメールフォームページから

 


NRCナビ(エヌアールシーナビ)

内容の傾向:ツーリング、鈴鹿8耐ほか
中の人:平P(ひらぴー)(セロー250)、たかし(CBR600RR、XR250)、ようへい(Ninja400)
平P車歴:
たかし車歴:
ようへい車歴:

2017年開設。だいたい隔月ペース?で不定期更新。中の人は長崎のバイクチームのメンバー。
グッズ通販は無し。

お便りフォーム、メールアドレスの設置はなし。サイトのコメント欄、ツイッターから・・・?

 


@水月(あっとみづき) BarTime(あっとみづきバータイム) 

内容の傾向:
中の人:水月(みづき)(YZF-R25、セロー250、WR250R)
車歴:CB400F(NC47)→XT250X→マジェスティS→マジェスティ→CROSS CUB→BOLT-R→YB125SP→KLX125→MT-09 TRACER

2017年開設。ツイキャス番組「@水月」からのスピンオフ番組。中の人はツイキャス配信者。
グッズ通販は無し。

お便りはブログに設置の投稿フォーム、ブログのコメント欄、ツイッターから。

 


ばいく~んGoGo!(ばいくーんゴーゴー)

内容の傾向:ツーリング、バイク業界ほか
中の人:柴田奈緒美藤原かんいち、平野あゆみ、小林ゆき

2012年開設。2017年10月で配信は終了。
BDSというバイク業者向けオークション会社が運営する、中古バイク検索サイトBBB内のコンテンツ。
2017年9月現在、すべての音源が聴取可能ですが、配信終了後にどうなるかは不明。

 

第2回GT61 予選2組 第4レース


 2017年5月27日に開催された、最大6台のAF61型ホンダ・トゥデイで行う
競艇風ダートトラックスクーターレース、第2回GT61の様子です。

予選2組では6人で6回の予選レースを行い、1レース毎に順位に応じた得点を獲得。
1着:6点、 2着:5点、 3着:4点、 4着:3点、5着:2点、 6着:1点、 フライング&未完走:0点
※ハンデとして、A1級は得点からマイナス1点、B2級は得点にプラス1点される。

スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。


<予選2組 第4レース>

枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースはポイントリーダーの青4号艇NARUさん。
好枠からのスタートを活かし、ポイント差を広げたいところ。

黄5号艇のやさぐれピエロ。さんは2コース。フライング2回と厳しい状況だが、実力あるレーサーだけに巻き返しに期待。
緑6号艇RINさんは6着・1着・フライングと、ムラのある成績。偶数レースでは好成績というジンクスを作れるか。
白1号艇たど☆あいさんも、青4号艇NARUさんとポイントで並ぶ同点首位。単独トップに躍り出たいが、インコース勢は手強い。
黒2号艇ムネガワさんは5着1回と、かなり厳しい状況。ミラクルを起こせるか。
赤3号艇K介さんは、2着1回。大外からのこのレースで好成績を残せば、インコースから出走となる残りの2レースで逆転も狙える。

 

 

 

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇NARU (決まり手:逃げ) 

2番手スタートも青4号艇NARUさんが加速で優勢に立ち、追いすがる黄5号艇のやさぐれピエロ。さんから逃げ切って1着。
単独ポイントリーダーとして、頭一つ抜け出た格好に。

惜しくも順位は変わらなかったが、トップ猛追の黄5号艇やさぐれピエロ。さんが後続を引き離しての2着に入り、本来の実力を見せた。

白1号艇たど☆あいさん、、黒2号艇ムネガワさん、赤3号艇K介さん、緑6号艇RINさんの4名は、横並びのバトルを展開。
1周2マーク、スリーワイドの展開からインをキープした黒2号艇ムネガワさんが抜け出し3着。
一時は最下位を走行していた赤3号艇K介さんは、スリーワイドの混戦をうまく捌いてポジションアップ。4着となった。
逆にスリーワイドの状況で不利な展開となってしまった、緑6号艇RINさんは5着に。
トップスタートも、あわやフライングの急ブレーキで失速してしまった白1号艇たど☆あいさんは、バトルで競り合うも順位を落としてしまい悔しい6着。

第2回GT61 予選2組 第3レース代替「反省」レース


2017年5月27日に開催された、最大6台のAF61型ホンダ・トゥデイで行う
競艇風ダートトラックスクーターレース、第2回GT61の様子です。

予選2組では6人で6回の予選レースを行い、1レース毎に順位に応じた得点を獲得。
1着:6点、 2着:5点、 3着:4点、 4着:3点、5着:2点、 6着:1点、 フライング&未完走:0点
※ハンデとして、A1級は得点からマイナス1点、B2級は得点にプラス1点される。

スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。


<予選2組 第3レース代替 反省レース>

予選2組の第3レースは、なんと全艇がフライングという大波乱。
協議の結果、全艇フライング失格のため1周でレースは中止。反省レースとして、得点の付かない代替レースを行う。

全艇フライングで会場は爆笑に包まれたものの、全レーサー0ポイントはかなり厳しい状況となった。
予選後半レースに向けて、この代替反省レースでレーサーは各自気持ちを切り替えて欲しいところ。

 

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇NARU (決まり手:6コースマクリ) ※このレースは得点つかず

青4号艇NARUさんが、大外ながら確実なトップスタートでそのまま全艇マクリ切ってレースを決めた。

2着にはインから伸びてきた黄5号艇のやさぐれピエロ。さんが入り、道中で白1号艇たど☆あいさんに競り勝った赤3号艇K介さんが3着と、仕切り直しの反省レースでは、前回大会で好成績を残した実力者がきっちり上位に入る結果となった。

3着の赤3号艇K介さんから大きく離されず、黒2号艇ムネガワさんが4着、緑6号艇RINさんが5着に入った。
スタートから3番手争いを見せていた白1号艇たど☆あいさんは、ズルズルと順位を落としてしまい6着。
現在得点でトップタイの位置につけている白1号艇たど☆あいさん、外枠スタートとなる後半レースは勝負駆けとなるか。


中の人


元バイク屋の先輩、ナカタ。
愛車はAF61型トゥデイ。
スズキ好き。
 

元バイク屋の後輩、ヤマチャン。
愛車はSR400とバンバン90。
ヤマハ好き。



GT61タイトル

<歴代GT61王者>
第一回:ジャンク さん
第二回:しんぺー さん

<歴代MVP>
第一回:RINさん
第二回:pockeypretz88さん

<バイク系ポッドキャスター王座>
popopapaさん(フリースタイル)





いただいているお便り

お便りありがとうございます。
ラジオで読ませていただきますので
まったりとお待ちください。

・昼間の勃事(たてごと)さん
・クッキングパパさん
・荒れアイスさん
・もっこり八兵衛さん
・てつやさん
・バイクなし男さん


GT61暫定エントリーリスト

・ばじぶさん
・しんぺーさん
・ジャンクさん
・ふらんこ亭ウンチーニ(イタリア人)さん
・鈴木音吉さん
・たど☆あいさん

・ゴーズさん
・pockypretz88さん
・ZONOさん
・やさぐれピエロ。さん
・ヂローさん
・さこまるさん


いただいたレーサー異名投稿

・ほぇいぇさん
・亀仙人さん
・せいうちさん
・そらまめおさん
・tacoriceさん
・あおさん(2)
・RUIさん(2)
・お願いアクエリアスさん
・コYさん(2)



ポッドキャスト登録