ナカヤマ バイクラジオ

元バイク店勤務の先輩後輩による、娯楽バイク雑談

第一回GT61プレイバック 優勝戦


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


優勝戦


優勝戦メンバー

白(1号艇) ”三丁目のケルベロス”       ジャンク
黒(2号艇) ”知的なキャスター3度”      ふらんこ亭ウンチーニ
赤(3号艇) ”夜の異次元ダートファイター”   やさぐれピエロ。
青(4号艇) ”ミスターピコ太郎”        popopapa(ポポパパ) 所属番組:FreeStyle
黄(5号艇) ”出会い頭の袖切りマスター”    しんぺー        所属番組:京葉ガレージ
緑(6号艇) ”今、見参!ルーキー”       K介

 

優勝戦は、予選1組、予選2組の、得点合計上位3名ずつによって、優勝(1位)から6位を決定する。
フライングを切ってしまった場合、12名のGT61全参加レーサー中、最下位となる。
予選と違って得点順での組分けなので、各レーサーの実力は拮抗。好レースに期待。

強者揃いの中でも有力なレーサーを挙げるとすれば、予選で1着4本を取った、青4号艇ポポパパさん。
優勝戦も得意のダッシュスタートを決められるか。

スタート、ターンともにスキのない黄5号艇しんぺーさん、
予選と同じトゥデイで、直線の伸びの良さを見せるであろう赤3号艇やさぐれピエロ。さん、
圧巻のスピードターンを得意とする白1号艇ジャンクさんも優勝候補。

インよりの好枠を活かし黒2号艇ふらんこ亭ウンチーニさん、
大外の緑6号艇K介さんがジャイアントキリングを起こせるか。

 

<GT61優勝決定戦 車載カメラVer>
popopapaさんのヘルメットに取り付けさせてもらったカメラから。
レーサー視点ではこんな感じで走行しています。

 

 

 

 

 

・1着 白1号艇ジャンク (決まり手:逃げ)

インからトップスタートの白1号艇ジャンクさんが、1マークをクルリと旋回しイン逃げで見事優勝を飾った。

1マークで軽い接触があったものの、イン有利を活かして抜け出した黒2号艇ウンチーニさんが2着に。

惜しくも1マークで枠番不利の煽りを受けた、赤3号艇やさぐれピエロ。さんが、3着。

マシントラブルで一時的なエンジンストップがあった緑6号艇K介さんは残念な4着に。

得意のダッシュスタートを狙った青4号艇ポポパパさん、
それにつられた黄5号艇しんぺーさんが痛恨のフライングで失格最下位という波乱になった。

 


 

 

<第一回GT61 総合順位>

優勝 ”三丁目のケルベロス”       ジャンク
2位 ”知的なキャスター3度”      ふらんこ亭ウンチーニ
3位 ”夜の異次元ダートファイター”   やさぐれピエロ。
4位 ”今、見参!ルーキー”       K介
5位 ”蒼き子豚ちゃん”         NARU(ナル)
6位 ”地獄の番犬 頂点”           ザネリン
7位 ”制御不能のパンケーキ”      たど☆あい
8位 ”なにわダートキング”       skyjin(スカイジン)
9位 ”あなたの前世は帝王”       ゴーズ
10位 ”R指定のプロザルファー・ゴル!” RIN(リン)
11位 ”ミスターピコ太郎”        popopapa(ポポパパ)
12位 ”出会い頭の袖切りマスター”    しんぺー

第一回GT61プレイバック 順位決定戦


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


順位決定戦


順位決定戦メンバー

白(1号艇) ”あなたの前世は帝王”       ゴーズ
黒(2号艇) ”地獄の番犬 頂点”           ザネリン
赤(3号艇) ”蒼き子豚ちゃん”         NARU(ナル)
青(4号艇) ”なにわダートキング”       skyjin(スカイジン) 所属番組:goodspeed
黄(5号艇) ”R指定のプロザルファー・ゴル!” RIN(リン)
緑(6号艇) ”制御不能のパンケーキ”      たど☆あい

順位決定戦は、予選1組、予選2組の、得点合計下位3名ずつによって、暫定7位から12位を決定する。
予選と違って得点順での組分けなので、各レーサーの実力は拮抗。好レースに期待。

その中で有利なレーサーを挙げるとすれば、順位決定戦メンバーで唯一1着経験のある、青4号艇スカイジンさん、
鋭いターンを得意とする赤3号艇NARUさん、比較的スピードのあるターンができる黒2号艇ザネリンさんか。

白1号艇ゴーズさんはインコース有利を活かせるスタートができればというところ。
アウト勢の黄5号艇RINさん、緑5号艇たど☆あいさんは状況的には厳しいが・・・

 

 

 

 

 

・1着 赤3号艇NARU (決まり手:3コース差し)

5艇が一団となって1マークになだれ込む、まさに実力伯仲の好レースとなった。

フライング直前でブレーキをかけ一旦は沈んだ赤3号艇NARUさんが、先行するの黒2号艇ザネリンさんのインを差す。
そのまま上手く1マークの混戦を抜け出し、単独トップから順位決定戦を制した。
赤3号艇NARUさんに内を差されるも追走し、黒2号艇ザネリンさんが2着に。

好調機の青4号艇スカイジンさんの猛追をしのぎきった、緑6号艇たど☆あいさんが見事3着。
最後の直線まで追い詰めたが僅かに届かず、青4号艇スカイジンさんは4着に。

5着争いも最後の直線で半艇身差の大接戦となった。
半艇身リードで5着は白1号艇ゴーズさん。黄5号艇RINさんは猛追も僅かに届かず6着。

第一回GT61プレイバック 順位決定戦・優勝決定戦 枠番決定


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選での合計得点の高い順に、優勝戦・順位決定戦の枠番を決めていきます。
枠順的に有利なイン側にするのか、枠順よりも乗り慣れたトゥデイを選ぶのか。
各レーサーさんの思惑やいかに・・・

 

 

 


順位決定戦

白(1号艇) ”あなたの前世は帝王”       ゴーズ
黒(2号艇) ”地獄の番犬 頂点”           ザネリン
赤(3号艇) ”蒼き子豚ちゃん”         NARU(ナル)
青(4号艇) ”なにわダートキング”       skyjin(スカイジン) 所属番組:goodspeed
黄(5号艇) ”R指定のプロザルファー・ゴル!” RIN(リン)
緑(6号艇) ”制御不能のパンケーキ”      たど☆あい

優勝決定戦

白(1号艇) ”三丁目のケルベロス”       ジャンク
黒(2号艇) ”知的なキャスター3度”      ふらんこ亭ウンチーニ
赤(3号艇) ”夜の異次元ダートファイター”   やさぐれピエロ。
青(4号艇) ”ミスターピコ太郎”        popopapa(ポポパパ) 所属番組:FreeStyle
黄(5号艇) ”出会い頭の袖切りマスター”    しんぺー       所属番組:京葉ガレージ
緑(6号艇) ”今、見参!ルーキー”       K介

 

第一回GT61プレイバック 予選2組 第6レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第6レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、前半3レースに得点+1の特例措置となった。


枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは黒の1号艇ザネリンさん。

予選2組の最終レース。ここまで圧倒的な強さを見せてきた合計28Pの青4号艇ポポパパさん、
25Pの黄5号艇ジャンクさんは、この時点で優勝戦進出が確定。

マシントラブルに見舞われ、10Pの白1号艇たど☆あいさんは、順位決定戦進出が確定。

優勝戦進出の残る1枠へ可能性を残すのは、18Pの赤3号艇K介さんと、14Pの黒2号艇ザネリンさん、
12Pの緑6号艇RINさんの3名。

赤3号艇K介さんは4着以上で優勝戦進出が確定となる。
黒2号艇ザネリンさんは赤3号艇K介さんより4つ上の着順が必要。
第1レースでのフライングが、ここに来て重くのしかかることとなった。

緑6号艇RINさんは、赤3号艇K介さんの失格0ポイントに加え、黒2号艇ザネリンさんの4着以下、
そして自身は1着6Pが必要で、優勝戦進出は非常に厳しい状況。

ポイント有利の赤3号艇K介さんが押し切るのか、はたまたインコースを活かし、
黒2号艇ザネリンさんが逆転か、緑6号艇RINさんのミラクルで優勝戦進出なるか?

 

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇ポポパパ (決まり手:3コースまくり)

大外から特大フライングの白1号艇たど☆あいさん、緑6号艇RINさんが転倒と、波乱のスタート。
そこを冷静にマクった青4号艇ポポパパさんを、黄5号艇ジャンクさんが猛追も僅かに届かず。
青4号艇青4号艇ポポパパさんが1着、黄5号艇ジャンクさんが2着。最終レースも「2強」が強さを見せた。

注目の優勝戦進出枠争いは、赤3号艇K介さんが4着に入り、優勝戦進出を決めた。

黒2号艇ザネリンさんは2強に次ぐ3着も、優勝戦進出はならず。
やはり第1レースでのフライングが痛かった。

緑6号艇RINさんは、スタート時に進路を塞がれるアクシデントでの転倒も5着完走。

予選での6回のレースの結果、予選2組からは、
ポポパパさん、ジャンクさん、K介さんが「優勝戦」へ。
ザネリンさん、RINさん、たど☆あいさんが、「順位決定戦」へ進むこととなった。

第239回 GT61裏話、motoGP前半戦、新型CBR250RR、ジムカーナの謎


<<ご注意>>
独断と偏見に基づいて会話しておりますので、正統派ライダーの方は気分を害する恐れがあります。

<フリートーク>
GT61はスロー再生がアツい!各レーサーのGT61裏話が聞きたい俺たち!
ミシュラン大暴れ!?スズキ撃沈!motoGP前半戦レビュー!
ミンナニハナイショダヨ!RUIさん直伝GT61マル秘テクニック!

<RN:たまきちさんからのコメント>
コメント欄からこんちには!ときめきアールアール!

グッドスピードを要チェック!スカイさんのアールアールレビュー来る!?
モンキー40万円!充実のホンダプレミアムラインナップ!
次はGC61!?ジムカーナに暗記は必要なのか!?


ラジオは下の再生ボックスよりお聴きいただけます。
また、右下の「Download」をクリックして、mp3ファイルとしてダウンロード可能です。

第一回GT61プレイバック 予選2組 第5レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第5レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。


枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは赤の3号艇K介さん。

予選2組も残り2レース。
ともに1着2回、2着2回で22Pの、青の4号艇ポポパパさんと、黄の5号艇ジャンクさんの
優勝戦進出は、ほぼ確定という状況になった。

残る1枠の優勝戦進出枠を、赤3号艇K介さん、緑6号艇RINさん、黒2号艇ザネリンさん、
白1号艇たど☆あいさんが競い合う展開に。

優勝戦進出をほぼ確定させた「2強」が、リスクを取らないレース運びに出れば、
僅差で並ぶ4名に、大きなポイント差ができる可能性は大きい。
今回インコースで、ポイント的にも僅かにリードしている赤3号艇K介さんが有利な状況だが・・・

 

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇ポポパパ (決まり手:2コースまくり)

今回はスタート決めた、青の4号艇ポポパパさんがそのままマクって文句なしの1着。

インコース有利を活かし、前よりのスタートからインを鋭く回った赤3号艇K介さんが、
優勝戦進出をぐっと引き寄せる2着をゲット。

黄5号艇ジャンクさんほどではないが、スピードターンで黒2号艇ザネリンさんが3着。
優勝戦進出争いに望みをつなげた。

黄5号艇ジャンクさんはターンが流れ途中最後尾まで落ちるも、得意のスピードターンで追い上げ意地の4着。

白1号艇たど☆あいさんが、緑6号艇RINさんの猛追をかわし切り5着。
緑6号艇RINさんが、6着となった。

第一回GT61プレイバック 予選2組 第4レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第4レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。


枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは青の4号艇ポポパパさん。

予選2組も後半戦へ突入。
ここまで青の4号艇ポポパパさん、黄の5号艇ジャンクさんの二人が1着・2着を独占。
後半戦もこの「2強」がレースを引っ張る存在になるか。

暫定3位の赤3号艇K介さんから、緑6号艇RINさん、白1号艇たど☆あいさん、
暫定最下位の黒2号艇ザネリンさんまでは、わずかに4ポイント差という接戦。

このまま3位枠を4名が争うのか、はたまた上位陣を巻き込んだ混戦となるか。

 

 

 

 

 

 

・1着 黄5号艇ジャンク (決まり手:2コースまくり)

今回はスタートが遅れてしまった青の4号艇ポポパパさんを、トップスタートの黄の5号艇ジャンクさんがマクリ切って1着。
きわどい進入で追いすがった青4号艇ポポパパさんは届かずも2着をとり、やはり2強がここも1着・2着となった。

スタートやや遅れるも、うまく黄5号艇ジャンクさんの後ろに入り1マークを抜けた、黒2号艇ザネリンさんが3着。
優勝戦進出争いに望みをつなげた。

好スタートを切るも、大外からの展開となり最後尾からの追い上げとなった、赤3号艇K介さんは4着。
緑6号艇RINさん、白1号艇たど☆あいさんは順位を守りきれず、5着、6着となった。

第一回GT61プレイバック 予選2組 第3レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第3レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。


枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは黄の5号艇ジャンクさん。
※1号艇たど☆あいさんは、予備車「銀の1号艇」から元の「白の1号艇」に乗り換え。

アウトからのスピードターンを得意とする黄5号艇ジャンクさんが、インコースからどんなレースを見せるのか。
青4号艇ポポパパさんは大外6枠からのスタートも、前回同様のダッシュスタートが決まれば問題なし。
予選2組の上位2名がインとアウトから戦う。

中位陣では、好枠の緑6号艇RINさんが有利か。
黒2号艇ザネリンさん、赤3号艇K介さんは、今回アウトよりからのスタートでやや厳しい状況。
ブレーキタッチが甘いが、エンジンパワー有利の白1号艇に乗り換えた、たど☆あいさんの巻き返しあるか。

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇ポポパパ (決まり手:6コースまくり)

今回も文句なしのダッシュスタートで、大外からマクリきった青4号艇ポポパパさんの連勝となった。
2レース目と同様の展開になり、黄5号艇ジャンクさんもきっちり2着に入った。

黒2号艇ザネリンさんのターンが流れたスキを逃さなかった、赤3号艇K介さんが逆転で3着に。
前半好走を見せていたが2号艇ザネリンさんは、惜しくも4着。

スタートでアウト勢に飲み込まれてしまい、緑6号艇RINさんは5着。
ブレーキタッチの甘さか、白1号艇たど☆あいさんは後半順位を落とし6着。

 

第一回GT61プレイバック 予選2組 第2レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第2レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。


枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは緑の6号艇RINさん。
好枠からのスタートで、好成績を狙う。

白の1号艇たど☆あいさんは、前レースで発生したブレーキトラブルのため、予備車「銀の1号艇」に乗り換えとなった。
エンジンパワーに難のある予備車だが、はたして・・・。

黒の2号艇ザネリンさんは、早くも2回めのフライングは切れない厳しい状況。スタートは慎重に行くか。

第1レースでは道中の競り合いで強さを見せた、赤の3号艇K介さん。今レースでもその強さを発揮できるか。

猛追で2着ゲットの4号艇ポポパパさん、今回も怒涛の追い上げか、はたまたスタートを決めて先行か。

不利な大外からのスタートとなるが、アウトからのスピードターンを得意とする黄の5号艇ジャンクさんだけに、
上位着順も充分期待できるか。

 

 

 

 

 

・1着 青4号艇ポポパパ 決まり手:5コースまくり

後方から加速をつけるダッシュスタートを見事に決め、青4号艇ポポパパさんが5コースからのマクリで初1着。

得意のスピードターンでアウトから猛追も、わずかに届かず黄5号艇ジャンクさんが2着。

好枠インコースを活かして、緑6号艇RINさんが3着を守った。

熾烈な4着争いは、黒2号艇ザネリンさんが接戦を制した。赤3号艇K介さんは悔しい5着。

やはり予備車のエンジンパワーでは厳しく、銀1号艇たど☆あいさんが6着。

※銀1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。

第一回GT61プレイバック 予選2組 第1レース


2016年秋に開催された、競艇風ダートトラックスクーターレース、第一回GT61の様子です。
以前データを置いていた「ケロログ」が残念ながら消失しましたので、レースの記録として再掲載します。


予選2組 第1レース

予選6レース終了時の、合計得点上位3名が優勝戦へ、下位3名が順位決定戦に進む。
スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。


予選1組でのレースから間もなく、予選2組のレースがスタートする。
エンジン性能的には、好調なのが号艇(白)、号艇(青)、
普通が、号艇(黒)、号艇(赤)、やや低調が号艇(黄)、号艇(緑)といったところだが、
11月とは思えぬ陽射しと、予選1組からの連続走行で、エンジンや駆動系の熱ダレの可能性も。

予選2組も当然、レーサーは全員は初レースなので、実力は未知数。
しかし、外から予選1組のレースを観察していたはずなので、予選1組とはまた違った展開が見られるか。

 

予選1組同様に、イン側からのスタートとなる、白の1号艇たど☆あいさんと、黒の2号艇ザネリンさん、
赤の3号艇K介さんたちは、まずは好枠有利を活かしたいところ。
逆に青の4号艇ポポパパさん、黄の5号艇ジャンクさん、緑の6号艇RINさんは
不利なアウトからのスタートとなるだけに、ここで好成績を残せば、後々の展開が楽になる。

キモはやはり加速を付けての競艇風スタート。
フライングなくトップスタートを切れれば、有利にレースを展開できるだけに、スタートから第1ターンは注目。

 

 

 

 

 

・1着 黄5号艇ジャンク  (決まり手:5コースまくり)

やはり初レースでスタート勘がつかめていないのか、加減速にムラのあるバラけたスタートとなった。

黄の5号艇ジャンクさんが、アウトからスピードに乗ったターンでマクって初1着。

スタートで大減速も、アグレッシブな追い上げを見せた青4号艇ポポパパさんが2着に入った。

一時は最後尾まで順位を落とすも、ジワジワと順位を上げた、赤3号艇K介さんが3着。

緑6号艇RINさんは大外の枠順ということもあり、終始アウトからのターンで苦しむも4着に。

白1号艇たど☆あいさんは、最内からのいいスタートでレース前半は2番手をキープしていたが、
ブレーキトラブルが発生し順位を落とす。無念の5着となった。

黒2号艇ザネリンさんは、初レースで痛恨のフライング。
このフライングが後半レースに響かなければいいが・・。

※白1号艇は、選手責任外のマシントラブルが発生したため、得点+1の特例措置となった。


中の人


元バイク屋の先輩、ナカタ。
愛車はAF61型トゥデイ。
スズキ好き。
 

元バイク屋の後輩、ヤマチャン。
愛車はSR400とバンバン90。
ヤマハ好き。



GT61タイトル

<歴代GT61王者>
第一回:ジャンク さん
第二回:しんぺー さん
第三回:鈴木音吉 さん
第四回:しんぺー さん

<歴代MVP>
第一回:RINさん
第二回:pockeypretz88さん
第三回:ZONOさん
第四回:モンブルさん

<バイク系ポッドキャスター王座>
popopapaさん(フリースタイル)





いただいているお便り

お便りありがとうございます。
ラジオで読ませていただきますので
まったりとお待ちください。

・エムワイズさん
・Zonoさん
・ヨッシーさん(3)

・もっこり八兵衛さん
・かずにいさん(初)


第4回GT61リザルト

優勝:「俺が噂のダートプリンス」しんぺー
2位:「いい意味で使者」ヂロー
3位:「平成最後のヤンチャ野郎」モンブル
4位:「もみほぐし系整形男子」ZONO
5位:「100年に1人の台風の目」やさぐれピエロ。
6位:「百戦無敗の滑ってんWOLF」さか
7位:「グラベルの魔術師」ジャンク
8位:「最強の67使い原付マスター」JD大好きオツ団長
9位:「土の上のかがやく星」ヨッシー
10位:「前立線(フロントライン)が置き土産」momofuku
11位:「蘭急降下爆撃機」鈴木音吉
12位:「無敵鋼人勝手にしやがれ」rat
13位:「ウイスパーおべちゃ大王」つぶやっくま
14位:「センチメンタルAFマニア」たど☆あい
15位:「2018年のグレーゾーンアタッカー」bajibu
16位:「にんにくインゴット」いーたん
17位:「疾風迅雷入れますか?」ふらんこ亭ウンチー二位
18位:「史上最強の虎」てっちり



ポッドキャスト登録