ナカヤマ バイクラジオ

元バイク店勤務の先輩後輩による、娯楽バイク雑談

第2回GT61 予選1組 第2レース


2017年5月27日に開催された、最大6台のAF61型ホンダ・トゥデイで行う
競艇風ダートトラックスクーターレース、第2回GT61の様子です。

予選1組では5人で6回の予選レースを行い、1レース毎に順位に応じた得点を獲得。
1着:6点、 2着:5点、 3着:4点、 4着:3点、5着:2点、 6着:-点、 フライング&未完走:0点
※ハンデとして、A1級は得点からマイナス1点、B2級は得点にプラス1点される。

スタートの枠順は固定で、1レース毎に枠が1つずつスライドしていくルール。
予選終了後、全体の予選の合計得点順に、優勝戦、順位決定戦1、順位決定戦2へ進出となる。


<予選1組 第2レース>

枠順がひとつスライドし、今回の最内インコースは緑の6号艇スカイジンさん。
第1レースがフライングだっただけに、好枠を活かしていきたいところ。
同じく第1レースでフライングの、黄5号艇の楽園会Kさんは大外からのスタートとなる。

第一レースでは、A1級の赤3号艇ポポパパさん、A2級の白1号艇ウンチーニさんが
順当にポイントを獲得したが、今回も地力を見せつけるか。
初参戦ながらスピードターンの片鱗を見せた、黒2号艇ばじぶさんのブレイクも!?

 

 

 

 

 

 

 

 

・1着 緑6号艇スカイジン (決まり手:逃げ)

今回も2名フライングという波乱のスタート。
フライング勢に次いで、実質トップスタートを切った緑6号艇スカイジンさんが、イン有利を活かし見事に1着。
展開の利もあったが、黄5号艇の楽園会Kさんが、前向きな姿勢での走りが実を結んで2着。
ふたりとも前走フライングという嫌な展開を、最高の形で切り換えた。

逆に前走で好成績だった、赤3号艇ポポパパさん、黒2号艇ばじぶさんは、フライングでつまづく結果に。

不運な展開も、白1号艇ウンチーニさんが最終周にきっちり競って、名実ともの3着を勝ち取った。
さすがの安定感で、2位に3ポイント差をつけて暫定順位1位に躍り出た。


中の人


元バイク屋の先輩、ナカタ。
愛車はAF61型トゥデイ。
スズキ好き。
 

元バイク屋の後輩、ヤマチャン。
愛車はSR400とバンバン90。
ヤマハ好き。



GT61タイトル

<歴代GT61王者>
第一回:ジャンク さん
第二回:しんぺー さん
第三回:鈴木音吉 さん
第四回:しんぺー さん

<歴代MVP>
第一回:RINさん
第二回:pockeypretz88さん
第三回:ZONOさん
第四回:モンブルさん

<バイク系ポッドキャスター王座>
popopapaさん(フリースタイル)





いただいているお便り

お便りありがとうございます。
ラジオで読ませていただきますので
まったりとお待ちください。

・ジライヤさん
・てっちりさん
・Zonoさん
・ゴーズさん
・エムワイズさん

・たつまるさん
・ヨッシーさん(2)
・RUIさん
・昼間の勃事(たてごと)さん
・スズキオトキチーナ(本人)さん


第4回GT61リザルト

優勝:「俺が噂のダートプリンス」しんぺー
2位:「いい意味で使者」ヂロー
3位:「平成最後のヤンチャ野郎」モンブル
4位:「もみほぐし系整形男子」ZONO
5位:「100年に1人の台風の目」やさぐれピエロ。
6位:「百戦無敗の滑ってんWOLF」さか
7位:「グラベルの魔術師」ジャンク
8位:「最強の67使い原付マスター」JD大好きオツ団長
9位:「土の上のかがやく星」ヨッシー
10位:「前立線(フロントライン)が置き土産」momofuku
11位:「蘭急降下爆撃機」鈴木音吉
12位:「無敵鋼人勝手にしやがれ」rat
13位:「ウイスパーおべちゃ大王」つぶやっくま
14位:「センチメンタルAFマニア」たど☆あい
15位:「2018年のグレーゾーンアタッカー」bajibu
16位:「にんにくインゴット」いーたん
17位:「疾風迅雷入れますか?」ふらんこ亭ウンチー二位
18位:「史上最強の虎」てっちり



ポッドキャスト登録